トップ > 香川県の見どころ

香川県の見どころ


ピックアップ香川県

高松城
玉藻公園
日本三大水城のひとつとして有名な高松城跡に位置し、駅前のオアシスとして親しまれている。 白壁の櫓、石垣、海へとつづく堀などあちこちに、いにしえの風情がうかがえる。天守閣跡からの眺めも見逃せない。

香川県のいろんな場所をまわりたい!

自然の観光地

玉藻公園
日本三大水城のひとつとして有名な高松城跡に位置し、駅前のオアシスとして親しまれている。
栗林公園
高松藩が何代にもわたり完成させた天下の名園、特別名勝「栗林公園」。
屋島
瀬戸内海随一の展望地で眼下には屋島合戦の哀愁を秘めた檀ノ浦の海が広がり、檀ノ浦古戦場や五剣山が望める。
香川県立ミュージアム
旧石器時代から現代までの2万年前の香川の歴史をビジュアルに紹介しています。

買い物

高松市中央商店街
高松市中央商店街は8つの商店街で構成された全長2.7km(日本一の長さ)の大アーケード街です。
丸亀町グリーン
2012年4月19日にオープンしたばかりの丸亀町グリ―ン。
「住む、集う、遊ぶ、学ぶ、憩う」と様々お店が並びます。
マリタイムプラザ
ショッピングやイベントはもちろん、美味しいレストランでランチ・ディナーも。シンボルタワー内のショッピングモールです。
サンポート高松
JR高松駅・高松港周辺に整備された四国の新しい玄関。瀬戸内海に隣接し海に親しむ遊び場や遊歩道など、市民の憩いの場となっています。

香川県のおいしいものが食べたい!

ランチにおすすめ

柏原渓谷(綾歌郡綾上町)
豊かな清流と自然がおりなす奇岩怪石、緑の古木が見事な渓流美を描きだしている。
瀬戸大橋記念館(坂出市番の州)
ダイナミックな映像のブリッジシアターや展望台から間近に見る瀬戸大橋の眺めも楽しい。
うちわの港ミュージアム:ポルカ(丸亀市港町)
地場産業である丸亀うちわは、年間約7千万本が生産され、全国シェア90パーセントを誇っている。
金刀比羅宮(仲多度郡琴平町)
長い石段が名物の海の守り神。象頭山中腹にある本宮までに785段、奥社までなら1,368段の参道が続く。

ご当地スイーツ

大串自然公園(さぬき市志度町)
瀬戸内海に突き出た半島突端の展望台からは、視界360度のパノラマを楽しむことができる。
亀鶴公園(さぬき市長尾町)
花見の時期には咲き乱れる桜の花が池の水面に映し出されて圧倒的な景観の美しさを誇っている。
みろく自然公園(さぬき市大川町)
みろく公園の名前は、山の緑がはえて園内の美しい池の底より、みろく菩薩像が出現してことに由来している
とらまる公園(東かがわ市)
園内の大内人形劇場「とらまる座」は、公営の人形劇シアター。 劇場では第2・4週の金・土・日曜日に人形劇の公演が行われている

香川県のすてきなお土産が見たい!

お土産

直島文化村(香川郡直島町)
直島の南部に一帯に広がる「人」と「自然」と「アート」の出会う場所をめざした文化ゾーンで、「国際キャンプ場」と「ベネッセハウス」のふたつの施設がその中心となっている。
銚子溪お猿の国(小豆郡土庄町銚子溪)
銚子溪に生息する野生の猿500匹あまりを餌づけして作られた自然動物園。猿たちは人間にすっかり慣れ愛嬌をふりまいたり餌をねだったりして、とてもかわいい。
小豆島八十八ヶ所霊場:島四国(小豆郡土庄町)
弘法大師は、讃岐善通寺に生まれ、修行や里帰りのため京都と讃岐を船で行き来する途中、小豆島に立ち寄り修行したといわれる。約150キロの遍路道をたどる道中の風光は、変化に富んだ素晴らしいコース。
二十四の瞳映画村(小豆郡内海町田ノ浦)
一歩中へ足を踏み入れるとそこはまさに昭和初期にタイムスリップ。
忘れかけていた大切なものを思い出させてくれる。 このオープンセットは女優田中裕子と12人の子供たちが素晴しい演技をくりひげたところ。

  • もっと高松
  • 高松みなと散歩
  • 高松市地図情報システムたかまっぷ
  • 玉藻公園
  • 栗林公園
  • サンポート高松
  • うどん県